カスタムフィールドの値があるときに表示するもの、無いときに表示するものを切り替えるコード 【WordPress】

wordpress-logo-stacked-rgb
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

カスタムフィールドの値が空の時に表示するコード、カスタムフィールドの値があるときに表示するコードを振り分けて表示することで、値を囲っているHTMLも制御出来ます

例えば

<div class="custom">
  <img src="カスタムフィールドの値">
</div>

こういった場合に、カスタムフィールドの値があるときはいいですが、無いときには周りのdiv、srcの指定のないimgタグは表示されてしまいます
それならばカスタムフィールドの値を全部ひっくるめれば良いのですが。でもそれだと毎回使う同じタグとかデータ的に不要です

URLだけを外の所でも流用したいときには、周りのHTMLごと出力されてしまいますね

こういう時に、カスタムフィールド値が空の時はHTML等も表示しないように条件分岐してやればOKです
さらに違った内容を表示したい場合も対応可能

 

 

カスタムフィールドの値があるかないかを条件分岐する

<?php $ccc = get_post_meta($post->ID, 'カスタムフィールド名', true);?>
<?php if(empty($ccc)):?>
				<!-- 代替する内容、代替する内容が不要ならここを空に -->
<?php else:?>
				<div class="under">
				<span>&nbsp;</span>
				  <?php echo post_custom('カスタムフィールド名');?>
				</div>
<?php endif;?>

カスタムフィールド名のところを入れて
あとは好きにHTMLでレイアウト可能です

elseより前のところには何もなかった時に表示するものを入れます、なにも表示させたくないのなら空でOKです

else以降には内容があった時に表示するHTMLを指定します

この方法を利用することで、値がなかった時に動作を指定でき。周りのHTMLごと表示するかどうかを決めれます

これによってカスタムフィールドの値も純粋な値で取り扱うことが出来る

 

 

 

参考URL

http://zxcvbnmnbvcxz.com/wp-custum-fields/

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)