ネットショップを簡単に構築できる国産CMS EC-CUBE Ver.2.13 のダウンロードからインストールまでをやってみた。

www_ec-cube_net_download
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

ネットショップを作ったことがないので、ちょっとローカルサーバーでテスト的に作ってみようかなっと思って。国産で知名度のあるEC-CUBEを使ってみようと思います。

 

CMSをダウンロードする

ますはCMSをダウンロードしてきて、サーバーに設置しないと行けないのですが・・・
ダウンロードには会員登録が必要ということで、避けては通れないみたいです

http://www.ec-cube.net/entry/kiyaku.php

できれば会員登録なんてしたくないんですが・・・、仕方ないですね。

 

 

ダウンロードする

会員登録が済んだらログインした状態でダウンロードのボタンを押すとダウンロードが開始されます

WS003079

 

 

サーバーにEC-CUBEをインストールする

ダウンロードしたファイルを回答した中の内必要なのはhtmlというフォルダ、dataというフォルダの2つです。

これをサーバーにアップしてそのまま使うと、 http://example.com/html/ ここがネットショップのトップページになってしまいます。なんとも不格好なURLです、なんでこんな形にしたのかな? 不思議でならないですが、まぁ進めましょう。

これを http://example.com このURLがネットショップのトップページにするには次の操作が必要です

 

 

htmlの中身をサーバーにアップする

htmlの中のフォルダをアップロードするのではなく、htmlのフォルダの中身をアップロードします。

そしてdataのフォルダはフォルダのままアップロードします

 

http://eample.com にアクセスした時に表示されるディレクトリ(フォルダ)にはこのような感じにファイルが並んでいるはずです

WS003077

 

 

htmlフォルダにあったファイル define.phpを編集する

dataフォルダへのパスが変わってしまうので、define.phpのファイルの一部を編集します

 

3行目にあるこの箇所を変更

define('HTML2DATA_DIR', '../data/');

 

このように変更する

define('HTML2DATA_DIR', '/data/');

 

 

インストール作業を開始する

サーバーにファイルの設置が完了しました。

いよいよ、インストール作業の開始です、そのままアップロードした時と、変更を加えてアップロードした時のURLが違います

 

そのままhtmlとdataのフォルダをアップロードした時 http://example.com/html/

ファイルに変更を加えてアップロードした時 http://example.com

 

 

インストールのスタート

次へ進むをクリック

WS003065

 

 

サーバーの状況をチェックします

次へ進むをクリック

WS003066

 

 

チェックの確認

問題なければ次へ進む

(今回はローカルサーバーで行っています)

WS003067

 

 

情報を入力します

WS003068

必須の項目を入力。

ディレクトリにはばれないような名前にして入れます、このディレクトリ名が後の管理画面用のロウインページのURLになります

WEBサーバーの設置のところはインストールが完了したあとに表示されるURLです、初期値のままでOK。もし思っているURLと違う場合はインストールするファイルのアップロードの場所がうまくできていないです。(今回の例ではサブディレクトリに通常の方法でインストールしています)

 

データベースの設定をする

WS003069

EC-CUBEをインストールするDBの情報を入力します

データベースの作成は各レンタルサーバー等によって操作が結構変わってきますので各々調べてEC-CUBE用のデータベースを用意してください

DBサーバーには一般的にはlocalhostが入ります、さくらインターネット等はURLっぽいのが入ります

ポートは特に設定なしで問題ないかと思います

DB名、DBユーザー名、DBパスワードをそれぞれ入れます

そして次へ進む

 

 

データベースの初期化をする

新しく作ったデータベースなら初期化する必要はないかと思いますが一応行います。

WS003070

 

初期化が完了したら 次へ進む

WS003072

 

サイトの情報を提供するか

ほぼすべてが完了したら、そのサイトの情報をEC-CUBEの開発に送信するかどうかです。

いいえで良いかと思います

WS003071

 

 

インストールの完了

これでインストール作業は完了になります、あとは管理画面にログインします。
このページからリンクで管理画面のログインページに移動して、そのページを忘れないようにブックマークしておいてください。

もしURLを忘れたのならば、ネットショップのURLのあとに指定したディレクトリ名が入ります。

WS003074

 

 

感想

インストールには少々癖がある。

初めてインストールするときは戸惑うし、しかもインストールし直す結果になると思う

ダウンロードファイルのHTML内のファイルの編集と、アップロードするときのファイルの階層の変更等が必要ですね。

最初から、思い通りにインストール出来るようになっていればいいのですが。

初めての人はほぼ2回インストールする作業に遭遇するでしょう。

 

今回はローカルサーバーでインストールを行いました、実際のレンタルサーバーではおそらくインストール痔に何かしら警告が出てファイルのパーミッションの変更等が必要になるかと思います。

 

まぁー個人で自力でネットショップを開くには手軽なツールかと思います。

インストールの手順さえわかればあとは管理画面から試行錯誤で、なんとかお店らしく出来るんじゃないかと思います

 

EC-CUBEのてテンプレートも売っているようです、17万円ほどしますけどね。

たぶん安いところだったら同じぐらい出したらオリジナルのテンプレート作ってくれるところ有るんじゃないかなって思いますが

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)