WordPress ウェジェットでHTMLに不慣れな方でも簡単にテキストエリアをビジュアルエディタで使えるようにするプラグイン「Black Studio TinyMCE Widget」

Black-Studio-TinyMCE-Widget
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

WordPress では、HTMLやCSSの知識がない人でも使えるように管理画面は出来ていますが、ところどころでHTMLやCSS、時にはPHPの知識が必要になってくるのですが。

特にウェジェットエリアのテキストエリアでは素のHTMLがそのまま出力されるので知識がない人とっては使い勝手の悪いものとなっている。

そこで、投稿で使っているビジュアルエディタと同様にHTMLやCSSがわからなくても装飾や画像の挿入が簡単にできるよう出来るプラグインが有りますので今回はそれを紹介致します。

 

Black Studio TinyMCE Widget

使い方はいたって簡単です、Wordpressにプラグインをインストールし有効化そしてウェジェットが有効なテーマで、テキストエリアの代わりにこちらのプラグインのウェジェット「ビジュアルエディター」を使うようにするだけです。

 

プラグインのインストール

  • WordPressへログイン
  • 左メニューからプラグイン
  • 新規追加
  • 検索で「Black Studio TinyMCE Widget」を検索 > 見つかったらインストール

 

ウェジェットでの追加

  • WordPressへログイン
  • 左メニューの外観:ウェジェット
  • 表示させたいウェジェットエリアにビジュアルエディターをドラッグアンドドロップ
  • もしくは、ビジュアルエディターの項目をクリックして追加したいウェジェットエリアを選び追加

 

実際の画面スクショ

4745

ビジュアルエディターの項目をクリックすると、投稿で見慣れたビジュアルエディターと同等のものが表示されています、使い方も同じなので迷いなく使える。

画像の挿入なども煩わしいimgタグの挿入など無く、画像のアップロードから挿入までその場で出来てしまいます。

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)