Brackets 0.42 リリース。テーマの機能の追加と言語モードの変更が可能に

brackets_io
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Brackets 0.42が出ました

http://brackets.io/

 

主な変更点

  • テーマ機能の追加
  • 言語モードの変更
  • ファイルを横断しての置換時の対象の選択、解除が可能に
  • コードヒントをオフにする機能
  • 拡張機能をドラッグ・アンド・ドロップでインストール

 

 

テーマ機能の追加

こちらは、すでに拡張機能でテーマをインストールすることができていましたが

それが、Bracketsの機能に組み込まれました

Bracketsのテーマのセットをインストールするという形から

必要なテーマを個別にインストールすることで、利用できるテーマを増やすことになります

また、フォントサイズ、フォントを指定可能

 

デフォルトで

ライト、ダークの2種類か選べる

他のテーマは拡張機能からインストール

 

使えるテーマはこちらで、スクリーンショットで確認出来る

http://brackets-themes.github.io/

 

 

言語モードの変更

通常ではHTMLやCSSといったファイルが自動的に、その言語として扱われて

シンタックスハイライトが与えられるわけですが、これが自由に選択できるようになる

 

思い浮かぶ使い方は、HTMLのファイルだけど、PHPが実行できるように成っている場合に

それをPHPのファイルとして、言語を変更してやるとか そういった使い方方と思います

言語モードの変更は、Bracketsの画面の右下、タブ等の設定が出来る

WS003210

 

 

 

横断して置換でチェックとアンチェックが可能に

プロジェクト内のファイルから横断検索して、置換する機能があるのですが

その機能がパワーアップ

必要な物のみチェックすることが出来るようになった

WS003215

 

 

 

コードヒントをオフにする機能

ファイル形式を自動で認識して、そのファイルにあったコードヒントを表示するのですが

そのコードヒントをオフにする機能が搭載

 

 

 

拡張機能をドラッグ・アンド・ドロップでインストール

今までは、拡張機能はURLを指定してインストール

拡張機能マネージャーから検索してインストール

そういうった方法で行っていたのですが、新たにZIPファイルをドラッグ・アンド・ドロップで

インストールする方法が加わった、拡張機能を制作する方には便利な機能

 

 

 

今回のアプデの感想

テーマ機能は、拡張機能のテーマセットから利用していた場合は

新しい形式のものに変更しないとうまく動かない

テーマをそれぞれインストールしないと、確認しにくいというのが少し面倒なところかと思う

テーマが決まれば、それ以降はいじることも、さほど無いでしょうから

最初の設定だけ少し、手間がかかる

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)