Googleがページのレイアウト分析のアルゴリズムを改良したもようです SEOの話

Googleがページのレイアウト分析のアルゴリズムを改良したもようです
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Googleの検索エンジンのアルゴリズムにページのレイアウトを判別する機能が導入されており、WEBサイトのファーストビューがユーザーがコンテンツを読むのを妨げているのかどうかを判断するものなのですが、今回それが更新されたようです

 

どういったレイアウトがダメなのか?

ダメなレイアウトは、ファーストビュー(サイトを表示してスクロールしていない状態やギミックを使っていない状態)でWEBサイトの内容が見えない状態なのがダメなのです

主に注意すべきなのはヘッダー当たりに広告をベタ貼りしていて内容が1画面ほどスクロールしないと見えてこない。また広告なのかコンテンツなのわかりづらいサイトも含まれるかもしれません

そもそも、コンテンツが1スクロールしないと見えてこないのはユーザービリティ的に問題があるので、そういう状態の人はSEOも含めて改善しておいたほうが良いですね。

 

どこまでがセーフなのかは名言されていないようです
理由は名言することで、ギリギリの範囲でやる輩がおるからだと思われます

 

Googleの公式ブログによる記事▼
http://insidesearch.blogspot.jp/2012/01/page-layout-algorithm-improvement.html

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)