無料なGoogleドライブで静的なHTMLでWEBサイトを公開する方法

googledrive
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Googleドライブでは、静的なHTMLでウェブサイトを公開出来るようになっています

実際にGoogleドライブにHTMLとCSS、画像ファイルをアップロードし
本当にWebサイトを公開出来るのかを試してみました

 

Google DriveでWebサイトを公開する方法

目次

  1. Googleドライブに公開するサイト用のフォルダを作る
  2. フォルダにHTMLと他に必要なファイルをアップロードする
  3. フォルダを公開設定にする
  4. 実際に公開されているか確認する

 

1 Googleドライブに公開するサイト用のフォルダを作る

まずGoogleドライブにサイト公開ようのフォルダを作ります
実際のウェブサイトでいうルートディレクトリにあたります

フォルダの名前はなんでもOKです

 

2 フォルダにHTMLと他に必要なファイルをアップロードする

ウェブサイトを構築するために必要なHTMLファイルの他にCSSや画像などのファイルもアップロードする

WS000145

WS000146

 

3 フォルダを公開設定にし、誰でも見れるうにする

公開用に作ったフォルダを、公開設定にします
公開設定にすることで自分以外の人がアクセスできるようにします

WS000147

WS000148

 

4 実際に公開されているか確認する

公開するフォルダに入れたHTMLを開きプレビューを押します
そうすると、HTMLとして読み込まれます

WS000143

文字化けはしていますが、HTMLで見ると問題なく表示されます

そして、このときアクセスしているURLがこのWebサイトのURLになります

 

これで誰でも見れるようになりました

このページがGoogleにインデックスされるかと言うと
おそらくされないでしょう

HTML等のサンプル置き場などの用途や
例えばミラーサイトとして使ってみたり、ウェブサイト制作の状況をクライアントに見せるとか
限定的な公開で使うようにしたり、そういった使い方が出来るんではないでしょうか

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)