広告が非常にされている時に当たり障りのないようにブロックする表示を作ってみた

EYE2
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

サイト運営をして広告収入を得ている方は、広告が非表示になるプラグインとかで機会損失が有るのじゃないかと気になったりするものです。そこで、広告を非表示にしているとブロックするプラグインが存在するのですが「FuckAdBlock」というものがある。

こちらの「FuckAdBlock」は、広告非表示の拡張機能等が使われているかどうかを判断するための条件分岐に使えるものです、これ自体は特に何かしてくれるわけではないのでこれを使って、条件に一致した時に何かを実行するようにするのですが。

できるだけ当たり障りのないようにしつつ、広告非表示を解除してみてくれるようにメッセージを表示してみるというものを作ってみました

 

デモ&ダウンロード

DEMO 表示
DOWNLOAD

上のデモは拡張機能でAdBlockが有効なときに表示されます。拡張機能を入れていなくても表示のみ確認したい場合はこちらを御覧ください。

完全にブロックして、表示できないようにするのではなく解除用のテキストをクリックすると解除されてページが表示されるようになります、せっかく訪問してくれたわけですからぜひコンテンツも見てもらいたいものです。

そして何回か同じサイトを検索やSNS経由で訪問をしていると、「毎回表示させるボタンを押すのが面倒だからこのサイトはよく見るしホワイトリストに追加するか?」といった流れを期待したものになります。

 

 

使い方

ダウンロードしたサンプルの様にjavascriptとCSSを読みこめば自動的に表示されるようになります。あとjQueryを利用しています。<head>タグ内に以下のコードを設置してください、パスはそれぞれの環境に合わせて設定してください。

 <link rel="stylesheet" href="js/FABC/css/FuckAdBlockCustom.css">
 <script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
 <script src="js/FABC/FuckAdBlock-master/fuckadblock.js"></script>
 <script src="js/FABC/FuckAdBlockCustom.min.js"></script>

ブロック時に表示されるテキストは、FuckAdBlockCustom.min.js に書いています。

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)