Photoshopのスマートオブジェクトのリンクでinclude的にパーツ化して レイヤーを保持したまま編集できるようにする

Photoshopのスマートオブジェクトのリンクでinclude的にパーツ化して レイヤーを保持したまま編集できるようにする
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Photoshop バージョン 14.2 から利用から

リンクされたスマートオブジェクトが利用できるようになりました

 

簡単に説明すると

PSDファイルの中にPSDファイルを設置できるようなものです

WEB制作をしている方なら HTML の iframe や PHP の include を連想して頂ければ分かりやすいかと思います

 

PSDファイルですので、レイヤーを保持したまま

後からの変更が容易です

 

イメージ図

ps-demo

 

 

リンクされたスマートオブジェクトを配置する方法

まず、パーツとなるPSDファイルが必要です

一つのPSDファイルで作っている場合は、対象のレイヤー群を新しいファイルに作ります

 

 

パーツとしたいレイヤーを全て選択した状態にします

グループ化している場合は、グループの選択でも可能

 

選択している状態で、右のレイヤーパネルのタブ列の右端にある三本線をクリック

photoshop (5)

 

 

グループの複製、もしくは レイヤーを複製を選びます

photoshop (3)

 

 

レイヤーの複製のダイアログが出るので、保存先でドキュメントを新規にしてPSDファイル化します

photoshop (4)

 

 

これでパーツ化が完了です

パーツ化したものは、もとのPSDのカンバスサイズとなっているので

必要に応じてカンバスサイズの変更や トリミングをしてください

 

 

 

次に、このパーツ化した PSDファイルを読み込んで設置します

ファイル > リンクを設置(K)… を選んで、先ほどのPSDを選択します

photoshop

 

あとは、オブジェクトや画像の様に扱えます

 

 

 

パーツ化したものを編集したい場合は、レイヤーパネルで対象のリンクされたスマートオブジェクトをダブルクリックするとそのパーツがファイルとして開かれます (ファイルを直接開いてもOK)

パーツを編集すると、パーツを呼び出しているPSDでも即座に変更が反映される仕組みになっています。

 

 

WEBデザインの様に複数のページにわたって制作する場合には

パーツ化する事で、修正が必要なときには編集するのが楽になります

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)