テキストを曲線や円に合わせて書く【Photoshop】

EYE
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Photoshopでパスに合わせてテキストを書く

Photoshopで円や半円、曲線等に合わせて文字を書く方法です。

(※Photoshop CC 2015 を使用しています)

 

パスに合わせてテキストを書く

 

STEP

  • ペンツール、シェイプ、選択範囲からパスを作成(今回は、シェイプの楕円形ツール・パスモードで作成)
  • 文字ツールに切り替え、パスの上にマウスポインターを持って行くと、四角い点線が波線になるのでそこでクリックして文字を入力する
  • 文字のパスに対する位置の調整は、文字ウインドウのベースラインシフト設定でする

パスに合わせてテキストを書くと、自動的にパスが保存されます。文字は、文字ウインドウでベースラインや文字間などを調整することでパスにパスに合った文字を書けます。

 

動画でチェック

https://youtu.be/TyTdO_M0viY

 

パスに沿ってテキストの移動とテキストを反転させる方法

パスツールを使って、パスに合わせてテキストの位置を調整する事ができます、操作は一連で行うことが出来ます。

  • パスツールに切り替え、テキスト部分をドラッグしたままパスに沿って動かす(テキストの移動)
  • パスツールに切り替え、テキスト部分をドラッグしたままパスの内側へ動かす(テキストの反転)

 

動画でチェック

https://youtu.be/A7GmHo8hZHg

 

今回は、円のパスに合わせて文字を入れましたが、波線やその他いろんな形のパスに合わせることが出来ます。文字の開始位置は、あとでパス選択ツールで移動させることが出来ますので開始位置についてはそれほど気にする必要なく書き始めても良いです。

 

パスに合わせてラインを引いたり、ブラシを使う場合はこちらの記事を参考にどうぞ

円が欠けた手書き風の線を書く方法【Photoshop】

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)