jQuery(javascript)を使っている時にエラーや結果を出力してチェックする方法

javascriptやjQueryで書いたコードをブラウザで実行して動作を確認するのですが、PHP等のように文法エラーがあったり、何かしたらエラーがあると エラーがHTML上に出力されてわかりやすいのですが。javascriptやjQueryは実行してエラーがあっても、ブラウザに表示している画面ではエラーの表示は一切ありません。そこでデベロッパーツールにあるコンソールでチェックする方法です

jQueryで入力フォームなどのニックネーム(名前)等をブラウザに記憶させる

jQueryを使って、入力フォームなどで ニックネーム(名前)等の情報をブラウザに記憶させる方法です。例えばブログのコメント入力欄に名前、メールアドレス、webサイト、本文といった形で入力フォームが存在した場合に、毎回名前を入力したり、メールアドレスやwebサイトを入力する手間を減らす補助としてそういった箇所の入力フォームの情報をブラウザに記憶させてやると便利です。

javascriptでPHPのhtmlspecialchars_decode をする

ajax等で受け取ったjson等に含まれる値に htmlspecialchars_encode したものがある場合に、javascript側でdecodeして表示したい場合の方法。javascriptにはPHPのhtmlspecialchars_decodeにあたるものが無いようで、自分で文字を置き換えてやる必要があるみたいですが。その部分をやってくれる関数が公開されているのでそちらを使うと便利。

jQueryを使って任意の要素をクリックした時にフォームを送信(投稿・submit)する

HTMLの要素を使ってinput要素を送信するのを、jQueryで操作するものです。通常はform内にあるinputでtypeがsubmitのボタンを使ってフォーム内の内容を送信するのですが。それ以外の任意の要素に送信ボタンの機能を付ける事がjQueryで可能です。jQueryで任意の要素や、タイミングで送信を操作することで、見た目や動作を柔軟に出来ます。

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)