VMware Player でBIOS画面に入る方法 (マルチブートの構築などに)

WS002296
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

VMware Player は仮想マシンを作るソフトなのですが、ブートドライブの順序の変更等々BISO画面で設定することが出来ます

BISO画面に入るには少しコツが要りますが、VMware自体を少しいじることで簡単にすることも出来ます

 

VMware Player で BIOS画面に入る方法

VMwareで仮想マシンを起動するときに、一瞬次の画面が表示されます
この画面が表示されている最中に「F2キー」を押すことでBIOSに入ることが出来ます

WS002294

表示時間がかなり短いので、集中してキーを押しましょう
またこの画面が表示される際にピコって起動音がなりますので、それがなった瞬間に押す方が簡単かもしれません

 

「いやいやいや、BIOS画面に入るの難しすぎっしょ!」って思う方は次の方法をお試しください

 

BIOSの起動時間を長くする

vmxという設定ファイルの中身を少しいじるとBIOSの起動時間が変わります

vmxはWin7の場合 C:\Users\ユーザー名\Documents\Virtual Machines\設定ファイル名

のフォルダにありますxxxx.vmxとなっており、これをテキストエディタやメモ帳で開きます

 

そこにこれを1行加えます
(※とりあえずファイルはバックアップしておきましょう)

bios.bootDelay="8000"

8000msで8秒です、好きな時間に変更して加えてください

 

あとはもう一度起動してみて、BIOS画面に入るチャンスタイムが増えているはずです

 

待機時間を作ったらこのような画面になるので、この時にキーを押してBIOSに入りましょう

WS002295

右下に待機時間のカウントダウンが表示されていますね!

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)