WordPressをデータベース(MySQL)不要で、インストールして利用する方法

Wordpressをデータベース(MySQL)不要で、インストールして利用する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

レンタルサーバーには MySql が使えるサーバーと使えないサーバーがあります

WordPress は MySQL をつかって、動作するので

MySQL が使えないサーバーでは、Wordpress が利用できません

(MySQL の事をデーターベースとだけで呼ばれることが多いです)

 

 

ですが、SQLite というものを使うと

WordPress を MySQL を使わずにインストールして利用することが出来ます

 

PHP 5系 以降では標準で SQLite が搭載されていますので

PHP だけで WordPress を動かすことが可能です

 

 

SQLite を使って WordPress をサーバーにインストールするには

SQLite Integration という WordPress のプラグインを使ってインストールします

サーバーに WordPress のファイルをアップロードするまえに 少し手を加えるだけで、インストール出来

 

MySQL を使った標準的な WordPress のインストールと少しだけしか変わりません。

 

 

SQLite を使って WordPress をサーバーにインストールする

今回は、XAMPPで構築した ローカルサーバーと さくらインターネットのレンタルサーバーで動作確認をしました

 

作業内容

  • STEP.1 WordPress のファイルをダウンロードしてくる
  • STEP.2 SQLite Integration をダウンロードしてくる
  • STEP.3 ダウンロードしてきたファイルを組み合わせる
  • STEP.4 サーバーにアップロードする
  • STEP.5 WordPress のインストールをする
  • STEP.6 WordPress にログインする
  • STEP.7 WordPress で記事を書いてみる
  • STEP.8 プラグインやテーマをインストールしてみる

後半は、実際に WordPress が正しく動いているかを確認するためのもので

WordPress のインストール自体は STEP.5 で完了します

 

 

STEP.1 WordPress のファイルをダウンロードしてくる

まずは WordPress 本体が必要になります

日本語版の WordPress はこちらからダウンロード出来ます

http://ja.wordpress.org/

 

最新版の WordPress を利用ください

 

 

 

STEP.2 SQLite Integration をダウンロードしてくる

次に WordPress を SQLite で動くようにするプラグインをダウンロードします

SQLite Integration のダウンロードはこちらから出来ます

http://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/

 

こちらも WordPress の本体同様、最新版をダウンロードします

 

 

 

STEP.3 ダウンロードしてきたファイルを組み合わせる

STEP 3 が肝です

ダウンロードしてきた、Wordpress の本体、SQLite Integration はそれぞれ

zipファイルになっているので、解凍します

 

解凍した WordPress の本体のファイルに SQLite Integration を加えていきます

wp-content というフォルダ(ディレクトリ)がありますので

SQLite Integration の中にある db.php こちらを WordPress の wp-conten に移します

 

次に WordPress の wp-conte の中に plugins というフォルダ(ディレクトリ)がありますので

ここに、SQLite Integration のフォルダごと入れます

これで、Wordpress に SQLite Integration の組み込みの作業は完了です

 

 

 

STEP.4 サーバーにアップロードする

WordPress 本体に SQLite Integration の組み込みが完了したものを

サーバーに設置します

 

 

 

STEP.5 WordPress のインストールをする

サーバーに設置した WordPress にアクセスします

URLをブラウザに入力して WordPress のインストール ウィザード にしたがってインストールをします

 

通常の WordPress と同じインストール画面が出ますので

それにしたがってインストールをします

通常の WordPress との違いは、データベースの情報が不要なのでそのまま 次へでOKです

あとは、サイト名やログイン情報を入れます

 

 

WordPress を設置したURLへアクセスすると、設定ファイルの作成が始まる

WS003252

WS003253

 

 

データベースの情報を入力する画面が出るが、不要なので そのまま送信

WS003254

 

 

設定ファイルが作成されたので、あとは インストールの開始となる

WS003255

 

 

インストールに必要な、サイト名、ログイン情報、メールアドレスを入力して インストールを押すとインストールされます

WS003256

 

 

 

STEP.6 WordPress にログインする

インストールが完了しましたので

WordPress がデータベースを使わずに動かせているのか、ログインしてみます

WS003257

 

 

ログインしてみると、普通の WordPress と何も変わらない管理画面で

いろいろ触ってみても、ちゃんと動いています

WS003258

 

 

 

STEP.7 WordPress で記事を書いてみる

では、実際に 何か記事を書いて公開してみましょう

それが正しく表示できるか、確認もしてみる

 

記事を投稿

WS003259

 

サイトを見てみる

WS003260

 

 

問題なく表示されていますね

 

 

 

STEP.8 プラグインやテーマをインストールしてみる

WordPress の大きな魅力の

無料で使えるテーマ、プラグイン それらが

SQLite でも使えるのかのチェック

 

テーマをインストールしてみる

インストールは無事成功、有効化して もちろん表示も正しく出来た

WS003261

 

 

プラグインをインストールしてみる

Advanced Responsive Video Embedder というプラグインをインストールしてみる

WS003262

 

インストールと有効化は出来たけども

プラグインの設定を保存しようとするとエラーが出た

設定は、MySQL に保存する設定になっているのかと思われる

 

 

MySQL を利用するタイプの、プラグインは動かない

それ以外のプラグインなら問題ないようです。

 

 

 

 

SQlite を使った WordPress のイイトコロ を上げてみる

SQLite のデータは WordPress のインストールしたディレクトリ内の wp-content に設置されていますので

WordPress のバックアップは、Wordpress ディレクトリごと コピーをとれば良いだけなので管理が楽そう

 

 

また、MySQL では WordPress のインストール作業の他に

データベースの作成と、データーベースのパスワードの管理 作業が存在しますが SQLite では、それが不要で手軽。

複数の WordPress を一度に大量に作成しやすい

 

 

アクセス数が少なくて、サーバーの費用を抑えたいときに

データーベースが無いプランでも動くのが魅力

 

 

データーベース(MySQL)が不要なので レンタルサーバーの

データーベースの作成数の制限や、容量の制限に当たらないところ

 

 

総合的に、コスト面を考えた時にとても有利

WordPress を MySQL で動かしている場合でも、データーベースの空きが無いときに

SQLite版 で動かすとか 同時にも使える

 

 

 

コスト面、とにかくつかってみたい

こういう方面には、とても便利かと思います

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)