WordPressのメディアライブラリで絞込にカテゴリやタグを追加するプラグイン「Media Library Filter」

PR

WordPressでアップロードしたメディアが不要なものを削除しようと思ったのですが、標準では画像、動画、未添付、日付の方法でしたフィルタリングが出来なくて、消したいものを実質手作業で探さなければ行けない状態です。

これだとあまりにも非効率過ぎるので、探してみたら「Media Library Filter」というプラグインを見つけたので今回はそれを初回します。

 

 

Media Library Filter でフィルタリングする

Media Library Filter

目的としては、一部のカスタム投稿タイプを削除してそのカスタム投稿タイプに関する画像と記事を削除しようということで。カスタム投稿タイプの記事自体は簡単にゴミ箱行きにして消せちゃつのですが、画像の方は一緒には削除されません。

そこで、なんとかならないかなと思いプラグインを探してみたら「Media Library Filter」というものがありました。

これは、記事に紐付いた画像をその記事のタグやカテゴリを元に抽出することが出来るプラグインとなっています、これでやりたいことが一応出来ました。

 

絞り込みは タクソノミー > カテゴリ or タグ名で出来る。

残念ながら何のタクソノミーなのかまでは特定出来ないようなので、タクソノミーを選択したあとに出てくる カテゴリ or タグ のリストで判断してやる必要があります。

 

カスタム投稿タイプの記事にカスタムタクソノミーを使っていればそのタクソノミーで絞り込めば、カスタム投稿タイプに紐付いた画像抽出して削除できるわけですが、タクソノミーが付いていない場合は。あとからカスタム投稿タイプとカスタムタクソノミーを紐付けしてやれば、それでフィルタリング出来るようになるので、後付でやることも出来る。

ただ、記事自体に紐付いていない画像は逆にフィルタリングの対象には出来ません、この場合は標準の未添付から対象のものを削除してやるしかないかなと行ったところです、しかし未添付なのでどの記事で使われてたかなんて何年もWordpressを使ってるとわからなくなってしまうので、迂闊に消すと危険なので保留が妥当ですかね。

 

あとこの経験を踏まえて思ったのは、同じ画像だからといって別記事でアップロードした画像を再利用するよりも毎回記事に関連付けるためにその記事で画像をアップロードしてやるほうが、後の整理を行いたいと思ったときにはこっちのほうが後の利便性が高いと感じました。

逆に、多数の記事でよく使用するようなものは未添付にしておくことで、不要な記事を削除するときにその記事にのみ使われている画像だけをターゲットに出来ます。

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)