XP終了 XPとUbuntuを超簡単に安全にデュアルブート化してPCを安全に利用する Wubi

2000px-Windows_XP_wordmark.svg - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

WindowsXPのサポートが終わります(無償の)
一部の大きな銀行ではWindowsXPから乗り換えるための期間は膨大なお金を払ってサポート期間を延長するみたいですが

 

XP終了ということで、セキュリティ的にXPを使い続けるのは危険になるんですが
無料で何とかしたい、あと簡単に何とかしたい、XPの環境は残しておきたい!

ちょっと注文が多い願いなのですが、実は簡単に実現できます

 

WUBI を使ってUbuntuをXPにインストールして、デュアルブートで使う

XPのサポートが切れるということで、Ubuntuへの乗り換えをおすすめする記事はたくさん見かけるのですが、こちらの記事は殆ど見ません
WUBIっていうのはWindowsとUbuntuを超簡単にデュアルブート化するものです

デュアルブートって「ブートローダーが」、「インストールする領域とか」、「上書きの恐怖とデータ紛失とか」

Windowsを普通に使っていた人が設定するには難しすぎる わからないことが多すぎる

 

そこで便利なのが WUBI
これはUbuntuをWindowsにインストールします

普通のWindowsでつかうソフトのようにダウンロードしたものを起動してインストールする
これだけでWindowsとUbuntuとのデュアルブートが出来てします

超超超カンタンに出来るソフトです

設定するのは僅かな設定だけ、Ubuntuを消したい時もWindowsからアンインストールするだけ

 

WUBIを使う

まずはソフトをダウンロードします

http://www.ubuntu.com/download/desktop/windows-installer

WS002464

現在の使えるUbuntuは12.04LTSです

2014年5月頃に最新の14が出ますのでそちらのほうがオススメになるんですが
とりあえずは12.04LTSでも問題ないのでこちらで試してみてください

 

ダウンロードしたものをダブルクリックして起動します

2014-04-07_083215

 

 

インストーラーが立ち上がるので、設定をします

2014-04-07_083714

 

インストールの設定

WUBIを使ったUbuntuのインストールは、パーテションを分けてインストールするといった必要はありません
普通にソフトをインストールするのと全く同じように出来ます

インストール先も好きなドライブを選択することが出来ます
インストールするサイズ=Ubuntuで使えるサイズです、最大は30GBとなっています

言語でjapaneseを選択すると日本語のUbuntuが使えますが、不完全なのでUbuntuを起動した時に不足している分のインストールと設定が少し必要です

ユーザー名、パスワードを設定してインストールで完了

インストールが完了すると再起動するだけ これでUbuntuがXPがデュアルブートになります

※環境によって少しバグがあり、Ubuntuにログインするとき指定したユーザー名で表示されず、初期値のユーザー名になってしまいますが内部的には自分でつけたユーザー名です

 

 

再起動するとOS選択画面が出ます、そこでUbuntuを選ぶとUbuntuが起動します

あとは設定したパスワードでログインすればOK

基本的にドライバーとか入れなくても動いてくれます

Windowsがインストールされているパーテション以外のディスクにもアクセスすることができるのでWindowsで使っていたデーターをUbuntuに引っ張ってくることも簡単に出来ます

 

私のXPのマシンもこれでデュアルブート化しました

ネットをするだけならUbuntuで十分です、Windowsのウィンドウの扱いと少し違うので(ペケマークが左上にあったり)少し戸惑うかもしれませんが人によってはXPよりも起動が早くなって快適かもしれません

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)