WordPress 画像をCropで中心以外のでのトリミングの方向を指定する

Wordpressでは画像をアップロードすると自動で色々なサイズの画像を生成することが出来るのですが、その画像を生成するときに自動でトリミングを行うことが出来ますが、デフォルトでは中心部を基準にしたトリミングになりますがオプションを設定する事でトリミングの仕方を指定できます。

WordPressで複数のパンくずリストをネットショップの様に表示する

パンくずリストと言えば 親カテゴリ > 子カテゴリ > 孫カテゴリ > 子孫 ・・・ という具合に親子関係を築きながらリンクを表示する方式の事を言うのですが、Wordpressでも比較的簡単にパンくずリストを実装することが出来ます。Wordpressの運営上、一つのカテゴリだけを選ぶという方針ではない場合複数の親子関係が入り組んだ場合がありますね。

jQueryを使ってサイトに表示するメールアドレスを収集BOTから簡易的に守る

WEBサイトにメールアドレスを記載するケースがあります。そのまま記載しても良いのですが、世の中には悪い人も居て悪い人も居てWEBページに存在するメールアドレスを収集して、そのメールアドレスリストからウィルス混在のメールとか迷惑メールとかを送ってきます。

CSSを使って、WEBページでオリジナルのマウスカーソル(ポインター)を利用する

CSSで標準で利用できるマウスカーソル以外に、オリジナルのカーソルを作成してそれを表示させる方法です。画像等の開閉の時に、マウスカーソル自体をメッセージのある画像に置き換えて 閉じるや開くの動作を分かりやすく使えるのに利用できたり出来ます。イラストをメインに使ったデザインのWEBサイトで雰囲気を出すのにも向いています。

Jetpackプラグインの関連記事表示で禁止のタグ、カテゴリ、記事を指定する方法

Wordpressの人気プラグインの一つでjetpackというものがあります。一つのプラグインで多くのカスタマイズ出来るプラグインでお手軽です。jetpackで関連記事を表示する機能があり、それを有効にすると記事下に自動的に関連記事が表示されるようになります、その関連記事の表示で表示させたくないタグ、カテゴリを含む記事、個別の記事を指定する方法を今回は紹介いたします。

jQuery(javascript)を使っている時にエラーや結果を出力してチェックする方法

javascriptやjQueryで書いたコードをブラウザで実行して動作を確認するのですが、PHP等のように文法エラーがあったり、何かしたらエラーがあると エラーがHTML上に出力されてわかりやすいのですが。javascriptやjQueryは実行してエラーがあっても、ブラウザに表示している画面ではエラーの表示は一切ありません。そこでデベロッパーツールにあるコンソールでチェックする方法です

PHP+wkhtmltoimage でウェブサイトのスクリーンショット・サムネイルを作成する

ブログを書いていると、ホームページを色々紹介することが多いです。そんな時にはスクリーンショットも一緒に添えてブログの記事にする事が多々あります。そのスクリーンショットを撮るという作業をPHPで自動化出来たらちょっと楽になる、CMSに組み込めればURLを貼り付けるだけで自動的にスクリーンショットを撮ってくるなんてのも実現出来てしまいますね!今回は、単純にPHPからwkhtmltoimageを使ってスクリーンショットを撮影するところまでです。

PHPからmb_send_mail()でメールを送信する

PHPを使って、メールを送信する方法です。PHPでメールを送る事が出来ると、例えばブログの更新に合わせてメールで通知する事が出来る、他にはコメントの返信があった場合にメールで通知する事が出来る。送る相手によって名前部分や本文部分が変わるようなメールの場合も便利ですね。

郵便番号を入力すると住所をリアルタイムで補完してくれるjQueryプラグイン「jquery.jpostal.js」

入力フォームでよく見かける、郵便番号を入力すると自動的に郵便番号から住所を割り出して保管してくれるあれです、郵便番号を入力するとリアルタイムに表示してくれるようになっています。また、こちらのプラグインはCDNで配信されているので、郵便番号の変化とかあったらプラグイン側で更新があればそれが使われるので最新の状態を保つことが出来る。

WordPress 4.2 から絵文字を無効に(元に戻す)プラグイン「Disable Emojis」

Wordpress 4.2 から導入されたマルチバイト文字対応と絵文字の対応。マルチバイト文字に関しては、いいのですが絵文字に対応ということで記号等の文字が画像になってしまいます。対象の範囲は投稿のタイトルや本文のみに限らずサイト全体に及ぶので、三角などの記号を使っていると勝手に置き換わってしまいますのでテーマ中でデザインの一部として使ってたりすると見た目が変わってしまうこともあるので、それを回避するプラグイン

jQueryで入力フォームなどのニックネーム(名前)等をブラウザに記憶させる

jQueryを使って、入力フォームなどで ニックネーム(名前)等の情報をブラウザに記憶させる方法です。例えばブログのコメント入力欄に名前、メールアドレス、webサイト、本文といった形で入力フォームが存在した場合に、毎回名前を入力したり、メールアドレスやwebサイトを入力する手間を減らす補助としてそういった箇所の入力フォームの情報をブラウザに記憶させてやると便利です。

PHPのヒアドキュメント内で変数を使う・出力する

PHPでの出力には echo、print を使って行いますが。これらは基本的に1行の出力となります 複数行のHTMLを出力したいときには いくつも echo や print と書かないといけないので手間です。そんな時に便利なのがヒアドキュメントという書き方です、こちらを使えば エリア内は複数行にわたって内容を記入する事が可能です。

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)