AdSense Directとは?AdSenseの広告枠を直接取引できる仕組み

money-95793_1280
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

現在2014年1月22日
AdSense Directは日本ではまだ使えないものですが、AdSenseを使っていながら、個別に掲載する広告を広告主と提携できる仕組みです。

難しいところはAdSenseが自動で調整してくれて、広告の売上の15%をAdSenseが手数料として受け取るので広告の料金の85%が受け取れるわけです。

通常のAdSenseでは68%が取り分となっています
17%もAdSense Directの方がお得

 

広告主と直接広告枠を取引することで、広告単価の上昇も望めます
また、独自に広告主とやりとりをする場合に比べて、広告の終了と同時にAdSenseの広告に自動できりかわるので、手間が省け機会損失を最小限にできるメリットがあります。作業を減らせる分コストの削減にもなる

ネタ元によると、直接広告主と提携する場合はテキストベースでターゲット広告の2.5倍の料金が妥当のようです
ターゲット広告の単価はAdWordsから探ることが出来ます

つまりAdWordsの2.5倍でさらに取り分が17%も増える
85%は68%の1.25倍なので2.5×1.25=3.125倍となります
WEBサイトに直接の広告主の広告が常に表示されっぱなしで単純に今までの売上の3倍に
さらに広告枠の競争率が上がればもっと単価は上がり3倍以上、通常のAdSenseでの売上の4倍、5倍にもなるかもしれないです。

ネタ元
http://jp.techcrunch.com/2014/01/22/20140121google-launches-adsense-direct-a-new-tool-for-direct-ad-sales/

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)