Ubuntu 12.04 LTS から Ubuntu 14.04 LTS へアップグレードしてみた。

Ubuntu 14.04 LTS
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Ubuntuの長期サポートの 14.04 LTS が出たということで
Ubuntu12.04から Ubuntu14.04へアップグレードしてみました

ほんとは、クリーンインストールしたほうがいいらしいのですが。とりあえずやってみました。

本番環境の場合は事前にバックアップをとって置いたほうが良いです。

(VMwareの仮想マシンのUbuntu)

 

 

Ubuntu 14.04 LTS へのアップグレードへの道

仮想的にインストールしている Ubuntuを12.04から14.04へとアップグレードさせたのですが。

まず、アップデートマネージャーでアップグレードがある場合 すべて表示されるようにします
詳細の設定から行うことが可能

WS002757
(SSはUbuntu 14.04のものですが同じ所に有ります)

 

アップグレードは1回では出来ず 12.04 > 12.10 >13.10 >14.04 とアップグレードをしていくことで出来ます。

アップグレードにかかる時間は結構かかります、13.10から14.04にアップグレードするときが一番時間がかかります。

12.04から14.04へ一気にアップグレードする場合は、半日ぐらい余裕を持って行うといいかと思います。

 

 

また日本語のままでそのまま使えますが、日本語入力がうまく行きませんでした

キーボードの設定で、anthyの日本語にしてやると 日本語が使えるようになりました。

DASHのレスポンスがよくなったということなんですが、体感は無かった。

 

 

感想

アップグレードはとても簡単、指示に従ってやるだけでした。CUIからもアップグレードは出来るようですが、Windowsに慣れている方はアップデートマネージャーからやるほうが簡単かと思います

時間は多少かかります

急いで14.04にする必要はないので、バックアップを取ってアップグレードする時間があるときにすれば良いかと思います

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)