WordPressの各記事のコメントの許可を一括で変更する方法 (データベースでの SQLクエリの実行)

wordpress-sql-query
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

WordPressのコメントのシステムは 各記事の設定と、全体での設定で

コメント機能の有効と無効を操作することが出来ますが

各記事の設定が優先されるようになっています。

 

そこで、各記事のコメントの設定がバラバラになっている場合に一括で素早く設定したいわけですが

WordPressにはそういう機能はなく、投稿一覧での選択した記事のみを まとめてクイック編集で変更してやることが可能ですが、クイック編集では 200記事までしか一度に変更することが出来ない

そしてクイック編集から大量に一度に変更すると、サーバーに猛烈な負荷がかかり 500エラーの発生等にもつながるので、量が多い場合には難しいうえ 変更にそれなりに時間がかかる

数十件ずつ、クイック編集で変更していくのも良いですがかなり時間がかかる。

 

MySqlのクエリ操作で、一括変更してやると

負荷も少なく全件対象に行うことが出来る。

 

 

phpMyAdmin から SQLクエリを使って WordPressのデータベースを操作する

今回は、投稿タイプ(post)のみコメントの許可の操作を一括して行う場合の

基本的な手順

 

phpMyAdmin にログインし

対象のデータベースを選択します

次に SQLタブを選択します

screenshot01281

 

 

コメントの許可の有無は

wp_posts テーブルの comment_status に値として open か close かで入ってます

openにすることで許可、closeとすることで不許可にすることが出来ます

 

投稿タイプは

wp_posts テーブルの post_type に値として入っています

通常の投稿では post

固定記事では page

他にはカスタム投稿タイプやアタッチメント等のタイプが存在します

 

 

今回は 通常の投稿のコメントの設定だけを変えたいので

post_typeの値で絞込をしてから comment_status の値を一括で変更するクエリを実行します

 

 

通常の投稿のコメントの設定を全て許可にする クエリ

UPDATE wp_posts SET comment_status='open' WHERE post_type='post';

 

通常の投稿のコメントの設定を全て不許可にする クエリ

UPDATE wp_posts SET comment_status='close' WHERE post_type='post';

 

これら先ほど紹介した

SQLタブのところに記入して実行すれば 1000を超える記事でも一瞬で完了します

万が一のために実行する前に、データベースのバックアップは事前にとっておきましょう

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)