GoogleドライブにWordPressを毎日まるごとバックアップ Google drive for WordPress

グーグル焼き
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

WordPressなどのCMSを利用していて怖いことは
データがクラッシュしたり、使用しているサーバー自体がクラッシュして
WordPressが使えなくなってしまうこと
そんな時のためにバックアップは必要なんですが

この Google drive for WordPress は
よくあるデータベースをバックアップするだけのものではなく
WordPressのディレクトリすべてのデータをZIPに圧縮して、Google Drive にバックアップを作ってくれるものです。もちろんデータベースのバックアップも含まれています

他にもDropboxにバックアップを作るプラグインもありますが
Googleドライブは無料で10GBまでものデーターの保管が出来るのが大きな特徴
そしてウェブサイトを運営している人は、Googleウェブマスターツールに登録しているでしょうから
すでにGoogleのアカウントを持っているのが殆どだと思います

なのでGoogleDriveを利用するほうが手軽だと思います

 

 Google drive for WordPressの使い方

目次

  1. インストールし有効にする
  2. 用にアプリケーション用のIDを作る
  3. バックアップのスケジュール等の設定をする
  4. データーベースのバックアップ項目を設定する
  5. ディレクトリのバックアップ項目を設定する
  6. バックアップを作成してみる

 

1 Google drive for WordPressをインストールし有効にする

WordPressのプラグインから新規追加で Google drive for WordPress を検索しインストールします

Google drive for WordPress 1

Google drive for WordPress 2

インストールが完成したら、有効にします

 

2 Google drive for WordPress用にGoogleAPIのIDを作る

Google drive for WordPress を利用するにはGoogle APIsでIDを作る必要があります
まず Google drive for WordPress の項目が投稿の下にできていますので
設定のページに行きます

Google drive for WordPress 3

Configure Google をクリックしてGoogle Driveとの連携の設定をします

Google drive for WordPress 4

1
Google APIでIDを作成するときに必要になるものですlocalhostになっていますが、それぞれのWordPressのアドレスになります

2
作成したIDを入力します

3
作成したsecretを入力します

Google APIの作成のページはこちら

 

Google側でGoogle Driveとの連携をさせるためのIDを作ります
Googleにログインしておきます

上のアドレスにアクセスしてAPIの利用を開始します
青いボタンがありますのでクリックします

次に API Access の項目に移動します

API Accessのページでも利用開始をします
青色のボタンをクリックして開始します

ボタンをクリックするとIDの作成が始まります

プロダクト名に好きな名前を付けます
あとの項目はロゴを登録する項目なので不要です

Updateになっていますが始めて作成するときはNEXTになっているので
名前をつけたらクリックをします

 

次の項目では Google drive for WordPress のページで表示されていたものを使います

Google drive for WordPress

Google drive for WordPress

1 を入力して、サイトのURLを入力して Create Client ID をクリックでIDの作成は完了です

出来上がったアカウントの情報を Google drive for WordPress に保存します

Google drive for WordPress

 

2 と 3 を入力してやります

Google drive for WordPress 4

Allow AccessでGoogle Driveと連携させます
連携させるかどうかの画面が出ますので Allow Access で許可してやれば連携が完了です

 

3 Google drive for WordPressの設定をする

連携が完了したら、バックアップの設定をしてやります

BackUp Settings の項目を設定します

WS000092

Backup Folder では、Googleドライブに保存する名前を決めます
サイト名やURLにすれば分かりやすいです

Mail Option ではバックアップされたかどうかをメールで知らせてくれます
下の空欄にはメールアドレスを入力します

Backup Schedule では、バックアップの間隔を決めれます
Daily 毎日、Weekly 毎週、Monthly 毎月、None なし

下に次のバックアップまでの時間が表示されます

 

4 Google drive for WordPressでデーターベースのバックアップ項目を設定する

バックアップするかどうかをデータベースのテーブルごと決めることが出来ます

WS000093

バックアップが不要なものはチェックすることで、バックアップの対象から外すことができるので
バックアップ要領の節約が出来ます

WS000094

Databese Backup ではバックアップにデータベースのバックアップを含めるかどうか決めれます

Manage Database ではサーバに保存するバックアップの上限を決めます

Saveをクリックして設定を保存

 

 

5 Google drive for WordPressでディレクトリのバックアップ項目を設定する

バックアップするディレクトリを決めます

WS000095

チェックをすると、バックアップから除外します
1ヶ月に一回フルでバックアップする時だけ全部チェックを外すなど
基本的に変更がないようなものはバックアップから外しておくような使い方が出来ます

WS000096

データベースの保存上限と同じようにこちらも決めることが出来ます
Saveを押して設定を保存します

 

6 Google drive for WordPressでバックアップを作成してみる

最後に実際にバックアップがされるかどうかの確認をしてみましょう

WS000097

Backupの項目でBackupをクリックするとバックアップが開始されます

バックアップの容量によって時間がかかりますが、あとでGoogleドライブにアクセスして
保存されていればバックアップの成功です

あとは設定したスケジュールでバックアップが繰り返されます

 

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)