致命的バグ『Heartbleed』問題への対処が行われた WinSCP v5.5.3にアップデート・アップグレードする方法

PR

WinSCPをお使いの方はHeartbleed問題をご存知でしょうけど
OpenSSLの欠陥で、秘密鍵が盗まれてしまう可能性があり更に盗まれてしまっても全く知る余地がない危険なバグなんですが

それに対処が施されたWinSCPということなんですが詳しくは調べていません
とにかくアップデートするに越したことはないのでWinSCPのアップデートの仕方を紹介します

 

 

まずは最新版のWinSCPをダウンロード

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/winscp/

WS002611

ダウンロードしたファイルを実行しインストーラーを起動します

 

 

 

 

まずは言語の選択で、日本語を選択

WS002612

 

 

セットアップウィザードが表示されます、次へ

WS002613

 

 

使用許諾契約書の同意をして次へ

WS002614

 

 

セットアップの形式で、カスタムアップグレードまたは新しいカスタムインストールで設定を保持したままバージョンアップアップ出来ます
完全の方はクリーンインストールです

WS002615

 

 

インストール先を指定します、初期値でも問題ないかと

WS002616

 

 

インストールするコンポネートを決めます、これも初期値で問題ないかと

WS002617

 

 

オプションの設定です、ここは好みに合わせて

WS002618

 

 

サーバーに接続した時に見え方を選びます、以前と同じものを選べば良いかと思います

WS002619

 

 

最終確認画面でこれで良ければインストール(アップグレード)を開始します

WS002620

 

 

すぐにインストールは完了しこの画面になります
あとは起動していて、問題ないか使ってみてください

WS002621

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)