オリジナルの500エラーページ 404エラーページ等を作って表示させる .htaccessので実現

error
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

404ページや他のエラーページをオリジナルのものに置き換える方法

オリジナルのエラーページにすることで幾つかメリットがあります

 

メリット1

アクセス解析出来る

オリジナルのページにすることでアクセス解析をエラーページに導入することが出来ます
リンク元、参照元をチェックすることで404エラーが発生している原因を特定する手がかりになります

アクセス過多で表示される500エラーとかも、どれぐらい発生しているかもアクセス解析からチェック出来ます

 

メリット2

再びサイトに戻ってきてもらえる

エラーページが表示されたら 無機質な404 Notfound しか書かれていないページだとそのまま閉じられてしまうでしょう
でも、オリジナルのエラーページを用意することで サイトのトップページへのリンクを貼ったり、他のコンテンツを紹介したりして

サイトに戻ってきてもらうように出来る

 

メリット3

連絡先を書いて、ユーザーに教えてもる

サーバーエラーでサイトが表示できてなかった時に、連絡先をエラーページに乗せておけば
もしかしたら新設な方が、エラーが発生しているのを教えてくれるかもしれません

そうしたら、早急に対応できるので機械損失を減らすことが出来ます
ユーザーも早くページがみたいかもしれないので、お互いにメリットが出てくるでしょう

 

 

といった感じに
無機質なエラーページから、オリジナルのユーザービリティを考えたエラーページに変えることで
いろいろ得します

オリジナルのエラーページを設置するのもそれほど難しくありません

サーバーの.htaccessに少し記入すれば出来ます

オリジナルのページは普通のサイトを表示させるようなHTMLで作らたページOKです

 

.htaccessで無機質なエラーページから独自のエラーページを表示させる方法

記入する内容

ErrorDocument 404 http://exsample.com/error/404.html
ErrorDocument 500 http://exsample.com/error/505.html

404 が発生したら http://exsample.com/error/404.html を表示するように
505 が発生したら 同じような動作で表示させる

URLは絶対パス、相対パスでも行えますが
絶対パスの方が間違いが少ないでしょうから、絶対パスで設定しておくと良いかと思います

また絶対パスの場合別のサーバーのファイルを表示することも可能です

 

ErrorDocument 404 この404の部分を各HTTPのエラーに合わせてやればOKです
またエラーの種類によって表示する内容も変えてやったほうが新設です

 

HTTP エラーの主なエラーの内容

  • 401 パスワードや認証等が間違っている時に表示される
  • 403 アクセス制限されている、アクセスを居時しているページに表示される
  • 404 ファイルが存在しない時に表示される リンク間違い等でよく発生する
  • 500 サーバーが忙しい状態、動作していない状態
  • 503 アクセスが集中して処理落ち、もしくはメンテナンス中の状態

これらのオリジナルのエラーページを準備しておくと良いかと思います
最優先なのは404のエラーページとなるでしょう

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)