ムームーDNSや外部のDNSを使って さくらインターネットのメールを利用する方法

mu-mu-sakura
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

さくらインターネットのレンタルサーバーには 一番安いプラン以外では

独自ドメインを使った、メールアドレスの作成と利用が出来る機能が備わっているのですが

このメールを利用するには、ドメインのDNSをさくらインターネット側で管理させないと使えません

また、メールアドレスの設定をDNSにするためのSPF 情報も見ることが出来ない。

 

サーバーでメールが使えない状況だと

CGI等での自動返信が出来ない状況になります

WordPressだと ContactForm7 で上手く動作しなくなったり

コメントがあればメールが来るようにする設定が使えなくなったりするわけですね

 

さくらインターネットのメール機能自体は、しょぼくて通常使いするのには少し厳しいので

使えなくても問題はないことが多いですが、サーバーが行うメールの発信ができなくなるのはとても不便です

 

一つのドメインでさくらインターネットだけで運用するならさくらインターネットのDNSにすればサーバーの発信するメール等は上手く機能するが

ルートドメインはさくらインターネット、サブドメインはblogger、メールはoutlook.com 等々

一つのドメインでいろいろなところに割り振って使う場合は そうは行きませんので 主に取得したドメイン会社の

DNSサービスを利用することになります

 

 

今回はムームーDNSを利用している状態で さくらインターネットのサーバーでメールが使えるように設定します。

 

 

外部のDNSを使ってさくらインターネットでメールを使えるようにする方法

主に設定することは、DNS側です

DNSに2つのレコードを設定してやると利用できます。

 

 

必要な情報

  • ホスト名 (www○○○.sakura.ne.jp)
  • 初期ドメイン (○○○.sakura.ne.jp)

これらの情報はさくらインターネットのサーバコントロールパネルで確認することが出来ます

コントロールパネルにログイン >サーバ情報の表示 >サーバに関する情報

screenshot00020

 

これらの2つの情報を使ってDNSに設定をしていきます

 

 

 

ムームーDNSでの設定

ムームードメインにログイン > ムームーDNSの設定画面に移動

ここで、2つのレコードを入れます

screenshot00023

 

レコード1

ルートドメインを使う場合は 名前は空欄に

種類はTXT

内容には v=spf1 a:www○○○○.sakura.ne.jp -all

○○○のところには、ホスト名の数字を入れます

 

 

レコード2

ルートドメインを使う場合は名前は空欄に

種類はMX

内容には ○○○.sakura.ne.jp (初期ドメイン)を入れます

優先度は 10~1のいずれか。メインに使うのなら10を他でメールを利用しているのなら9と言った具合に

 

 

設定を保存して完了です。

ほとんど待つこと無く直ぐに反映されるかと思います

あとは、実際にサーバからメールを発信できるかCGIやWordpressの機能を使ってチェックしてみてください

 

他のドメイン管理会社のものでも

同様にTXTとMXレコードを設定してやれば出来ます

 

またさくらインターネットに限らず、他のレンタルサーバーでも同じようなやり方で

サーバでのメールが利用できるようになるはずです

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)