.htaccessを使ってサイトをgzipに圧縮し、それを確認する方法

gzip
このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

ウェブサイトを圧縮することで、ファイルの読み込み時間を短縮し
サイトの表示速度を早くする方法があります

サイトをgzipという形式に圧縮することが可能です
gzipに圧縮する方法として、.htaccessを利用して圧縮をします

 

.htaccessを使いgzipで圧縮して、サイトの表示速度を早くする

目次

  1. .htaccessの作成、又は変更
  2. gzipに圧縮されたか確認する

 

1 .htaccessの作成、又は変更

.htaccessがサイトのルートディレクトリにある必要があります
ない場合は新規に作成してFTPでアップロードします

ファイル名の頭に ドットのファイルはメモ帳では作成できないので
アップロードしてからリネームします

.htaccessに次の文を記入するだけでgzipが有効になります

AddOutputFilterByType DEFLATE text/html text/css application/x-javascript application/javascript text/javascript

HTMLとCSSとjavascriptをgzipに圧縮するという意味です

.htaccessには必ず最後は改行を入れてください
サーバーによってはエラーが出ますので注意してください

 

2 gzipに圧縮されたか確認する

gzipに圧縮されたかどうかを確認できるWebサービスがあります
このサイトを利用すればgzipに圧縮されたか確認でき、さらに圧縮率まで知ることが出来ます

GIDNetwork

www_gidnetwork_com_tools_gzip-test_php

サイトのページのURLを入力し Check で調査開始

  • Web page compressed? 圧縮は有効化どうか Yes で有効になっています
  • Compression type? 圧縮の形式は何か 今回利用しているのは gzip なので合ってます
  • Size Markup ページのサイズ
  • Size Compressed 圧縮後のページのサイズ
  • Compression % 圧縮された率=削減された量

 

gzipに圧縮することでサイズを小さく出来転送量も減らすメリットもあります

PR

COMMENT

コメントを残す

PR

9ineBBの管理人が運営するサイト

WDG WEB DESIGN GALLERY ウェブデザインギャラリー CC0 PHOTO 無料で使える高画質な写真をダウンロード、クレジット表記、リンク不要

9ineBBの最新情報をチェック・購読

Twitter Facebook Google+ Feedly RSS

どこをクリックしてもこの表示を消せます
(3日後以降に再度表示されます)